Firestorageの使い方(大容量ファイル受け渡し用)

Firestorageに関するお問い合わせについて

※お問い合わせはFirestorageの管理会社様へ直接お願い致します。

本ページは、株式会社ラディカルサポートとご契約されているお客様向けにFirestorageの使い方をご案内するページです。
Firestorageについてのご質問は、Firestorageのお問い合わせ窓口にお問い合わせください。

Firestorageのサポートへ

 

1.トップページを開いてデータをアップする


まずは、Firestoragehttp://firestorage.jp/)のホームページに
アクセスしてください。

トップ画面中央、赤い長方形内「利用規約」のテキストリンクより、
利用規約を確認してください。

相手に送りたいデータが画像の場合は、
右側の「違法な写真・画像ではない」の左横にあるボックスに、
チェックを入れてください。
画像以外の場合は、左側の「違法なファイルではない」の左横にある
ボックスにチェックを入れてください。
(このブログでは、画像以外の設定で進めています)

Firestorage01

 

有効期限を選んでアップロードする


画像やデータを保存したURLの有効期限が選べますので、
保存期間を選んでください。
※有効期限が切れたら、発行されたURLは使えなくなります。Firestorage02

 


「アップロード」のボタンをクリックすると、
送りたいデータを指定できます。
保存してある場所をクリックし、
送りたいデータの名前を選んで「開く」をクリックしてください。

Firestorage03

 

赤いゲージが進み、100%になれば、データのアップロードは完了です。

Firestorage04

 

2.データを受け取れるURLを発行する


赤いゲージが100%になると、
データを受け取れるURLが表示されますので、
テキストにコピーするなどして保存しておきましょう。
URLは、メールなどで、データを送りたい相手に知らせます。

「短縮URLを発行」の左横にあるプラスボタンをクリックすると、
短いURLが発行されます。
長い文章が自動改行されて、
読めなくなってしまうなどの、トラブルを防げます。

表示されたURLもしくは、短縮されたURLを、
送りたい相手にメールし、
そこからダウンロードできる旨を伝えてください。
Firestorage05

 

3.ダウンロードURLを受け取った時


「Firestorage」から、ダウンロードできるURLを受け取った時は、
相手から教えてもらったURLへアクセスします。

長いURLの場合は、その場でファイル名が表示されます。
短縮URLの場合は、表示されたURLをクリックした後に
ファイル名が表示されます。

ファイル名をクリックすると、
ダウンロードする表示が出ますので、
保存場所を指定するか、開くなど用途に合わせて選んでください。
Firestorage06

 

4.「Firestorage」を使う時の注意点


URLさえ知っていれば、期限内にいつでもダウンロードできる
便利な「Firestorage」ですが、
注意するポイントがあります。
それは、URLを知ることが出来れば、
データをダウンロード出来てしまうという点です。

手書きの短縮URLを拾ったり、
送信先を間違ったり、
全く無関係の人がURLを知った場合でも、
ダウンロードできてしまいます。
自分しか見られない場所に保存するなど工夫して、
大切なデータのURLは、しっかり管理しましょう。

詳しい使い方は、Firestorageのご利用ガイドをご覧ください。

※お問い合わせはFirestorageの管理会社様へ直接お願い致します。
Firestorageのお問い合わせ窓口